スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山と煙突

2013.03.12 11:58|暮らし
home1

2013春。

これから自分がやっていこうということに対して、着々と進ませている準備の中、今後の生活の拠点とする場所にようやく出会うことができました。

場所は北関東群馬県南部にあたる甘楽郡南牧村という小さな小さな村です。

山と綺麗な水の流れる川と、畑と、豊富な資源材料。
土間と、囲炉裏と、縁側と、煙突。

ぼろぼろと土壁が剥がれる10年以上放置された古民家です。


2012年春頃から様々な土地を巡っては、自分の理想と照らし合わせ、探し続けてきました。
あまりにも理想の土地に出会えず、心折れそうな時も正直ありましたが、今こうして、自分の理想が一つも欠けることなく家主さんとの契約が結ばれたことを思うと、焦らずことを進めるということは、後にこんなにも嬉しい気持ちを与えてくれるのかと。

そんなことを思っております。


一昨日3月10日お陰様で33回目の誕生日をむかえ、翌日昨日3月11日は震災から2年という月日が経ちました。
また改めて気持ちを整理し整えて、一日一日与えられた貴重な時間を大切なみんなと一緒に考え、学び、実行し、過ごしていくことが一番大切なことだと心から思っております。

まだまだこれから日本人が考え直さなくてはいけない沢山の分野とされるものがありますが、その様々な分野のなかで、僕は過疎地に残る大切な風景や守られてきたもの、自然と共存していくことの楽しさや意味などを中心に生活していきたいなと考えております。


この場所で緑の音を聞き、動植物を観察し、作物を栽培していきたい。
この場所で沢山の交流をもち、沢山のものを受け継ぎ、次に繋げ残していきたい。


そして、この場所から沢山のことを発信していきたいと、なんの迷いもなくおもいました。


まるで何かに呼ばれるように辿り着いた南牧村。
交通の便も悪く、山と川以外な~んもないような所ではありますが、僕にとってはやっと辿り着いた宝島のような場所です。


furo

このけっして綺麗とは言えない浴室にワクワクし、隙間風の通り道を発見しては向こう側の景色になぜか喜びを感じているんです。
直すという楽しみも与えてくれたこの家は、やっぱり楽しみ満載です。


なるべく材料は買わず、廃材を集めこつこつ・・・こつこつ・・・野鳥が小枝を集め巣をつくるように、なんて書けば少しは聞こえがいいでしょうか。(笑)


必要なものを必要な分だけ自然から頂きそして還していく。
4月よりようやくそんな生活をスタートさせることができます。


協力して下さった村役場の担当職員の方。
家を貸してくださった家主さん。
群馬県を勧めてくれた友達。

そして今日まで支えてくれた皆さん。

本当に感謝です。ありがたいです。

kawa


~この場所から沢山の沢山の恩返しを~



全ては皆さんのお陰です。

ありがとう。
スポンサーサイト


カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

亮 RYO 

Author:亮 RYO 
2009年の退職を期に2013年までの4年の間 自転車で日本を旅しながら農業やアウトドアを中心とした日々を過ごす。
貴重な資源を循環させ、自然と共存していくことが大切。
農薬や化学肥料に頼らず、自然の力で育つ農作物や、土に還る素材を使用しての作品作りで未来へのおもいやり。


最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
44629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
1990位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。